つわりって何?症状と改善方法

いつもお腹が空いている


現在妊娠中ついこの間のつわりです。妊娠初期の頃、だいたい2ヶ月半ばをすぎたころから3ヶ月を過ぎたあたりのころまで、それは続きました。

 

私の場合はとにかく常に空腹の状態、食べづわりという悪阻になやまされていました。それは、寝ても覚めてもどんな時も襲ってきていて、夜中3時にもかかわらず襲ってきていて、頑張って忘れよう、眠って忘れてしまえばいいと試みるものの忘れることなど出来ず、その状態にしばらくしていると、お腹の中は空っぽにも関わらず、吐き気とおう吐に襲われてしまうのでした、胃酸しか出てこないので、水を飲むとは少し楽になるもののそれはその時だけでさらにはお腹は空腹の状態、何か口にしなくてはと何かを食べるものの、時すでに遅し吐き気とおう吐を先にやり過ごしてしまうと、後に何か食べ物をを口にしたとしても、また吐き気とおう吐に襲われてしまいました。

 

朝起きると、すでに空腹、数時間おきには空腹という状態でした。昼間の空腹の場合、我慢をすると先に頭痛を感じることもあり、これを何か食べ物を口にしなくてはならない最後のサインとしていました
こんなに毎回ものを口にしていなくてはならないものかと感じるほどの頻度でした。

 

他には、時々起こる匂いに悪阻を感じたり、歯を磨く時に起きると吐き気これらは、食べづわりにからするととても軽いものでした。匂いに関しては、出来立てのご飯の御釜から出てくる湯気を直接真上から嗅いでしまった時に嫌だなと感じる程度でした。

 

 

このようなつわりが酷い場合に、「水を飲むと少しは楽になる」と感じたら、同じ水でも水素水がおすすめです。
美容や健康など様々な面で効果がありますし、妊婦さんも安心して飲むことが出来ます。
詳しくはこちらをご覧ください!→おすすめサイト

 

ただただ、食べる


食べづわりの悩みを、解決してくれたのは、とにかく食べることでした、でも本当は食べたいという本能はなく、ただお腹が空いて気分が悪くないることが恐怖で無理やりにでも食べてました。

 

3度の食事以外で、一番、お腹の空腹感を和らげてくれたのは、すでに3度の食事でお米は食べているにもかかわらず、お米、ごはんでした、とにかくごはんを食べなくてはとその頃は思っていました。とにかくおなかが空いていました。胃のスペースが狭くなっているせいか、一度に大量に食べることはできず、例え、いっぱい食べられたとしても、心なしか消化ペースが早く、すぐにお腹が空き、数時間後には食べ物を口にしていました。ご飯だけでは、飽きるのでフルーツや野菜に、変えてみたりしたものの食べているときはいいのですが食べ終わった後も食べる前と変わらなく、ごはんの次に和らげてくれたのは食パンでした。

 

これは何もつけずに、余計なものがついていない方が食べやすかったんです。
この頃は、食べることはなんの楽しみもなくただただ何かをたべてやり過ごしていました。

 

この頃には、チーズにバナナこの二つが食べられなくなっていました。油物も苦手にになっていました。 外出先では、頻繁にコンビニに立ち寄り、そば屋、パン屋なんかにも足を運んで空腹をしのんでいました。

 

あとは、オレンジジュースをよく好んでのんでいます。自分でもフルーツジュースなど作ったりして、水分補給し、随分とるようになっていてとにかく喉もよく乾いていました。3ヶ月半ばを過ぎた頃から、つわりがだいぶ楽になってきました。相変わらずお腹は空くものの吐き気やおう吐はなくなりました。

 

 

こんな記事も読まれています